おしゃれな壁紙が無料で選べる賃貸があるそうです。

賃貸事業を行う場合、権利金や保証金を取得しますが、これに関する税法の理解もしておいて損はないです。

おしゃれな壁紙が無料で選べる賃貸があるそうです。

不動産賃貸事業をする場合の権利金の知識

土地を貸しだすという賃貸事業を行う場合、土地を貸す契約をするタイミングで権利金を受け取ることも多いです。この権利金は不動産の貸付けに対する対価ですので、所得税の計算上は、不動産所得として他に取得する地代と同様に総収入金額としてカウントするのが原則です。しかし、この権利金の金額が大きい場合は、土地を売却したこととなんらかわらないとみられて、譲渡所得(分離短期または分離長期)の扱いになります。最終的にこの不動産所得と譲渡所得は税額の計算方法や税率が違うため、賃貸事業を行う人はこのことを理解しておいた方が賃貸経営の判断をする時に有利だといえます。

どのぐらいが「大きい金額」かというと、その時の土地の時価の10分の5を超える場合です。地下鉄を通すらめのトンネルなど土地の上下空間を制限するものの貸出しである場合には、さらにその2分1ということになっています。

また、別途保証金(契約終了時に返還する)を受け取っている場合は、通常の利子と契約の利子(無利子ならゼロ)差の率でその保証金を割り引いた金額と保証金の差額は特別の経済的利益を得ている(安い利子でお金を借りたことと同じ)とみなされて、権利金にこの経済的利益を加算したもので10分の5を超えるかどうかを判断することになっています。賃貸経営をするときはこの保証金、権利金はよく登場するものだと思いますので、関連税法の基礎を知っておくことは経営を行う上で無駄にはならないはずです。

注目の情報

Copyright (C)2017おしゃれな壁紙が無料で選べる賃貸があるそうです。.All rights reserved.