おしゃれな壁紙が無料で選べる賃貸があるそうです。

賃貸アパートを建築する場合には、絶対高さ制限や前面道路斜線規制にかかるかどうかの検討が必要です。

おしゃれな壁紙が無料で選べる賃貸があるそうです。

賃貸アパートの高さ制限

賃貸アパートを建てて家賃収入を得ようとする場合には、どのぐらいのアパートの大きさ、言い換えれば貸出床面積がとれる建物が建てられるかを十分検討する必要があります。まずは容積率をいっぱいに使える条件の土地であるかのチェックは必要ですが、それをクリアしたとしても高さ制限にひっかかることがないかどうかのチェックも重要です。

高さ制限にはいろいろな種類がありますが、代表的なものに絶対高さ制限と前面道路斜線規制があります。絶対高さ制限は、第一種または第二種低層住居専用地域である場合には高さ10m又は12m(都市計画での指定があります)までの高さの建築物しか建てることができません。自分の土地がこの用途地域に該当していれば絶対的制限を受けることになります。

また、前面道路の反対側の境界線から一定の角度で斜めに引いたラインが自分の敷地にかかっている場合には、そのエリアの外側には建物が存在してはいけないことになっています。結果的に高さが制限されることになる規定です。この場合、自分の建物を道路から遠ざかる形で建てることによって、反対側の境界線も同じだけ後退することになりその制限は緩和されますので、最適点を探る必要があります。

注目の情報

Copyright (C)2017おしゃれな壁紙が無料で選べる賃貸があるそうです。.All rights reserved.